hisnd's blog

20代。海の近くの街育ち。

ウォー・マシーン:戦争は話術だ レビュー

久しぶりに面白い映画を見たのでレビューします!

いわゆるVodビデオ・オン・デマンド、具体的にはNetflixやHulu,Amazonプライムなんかでネットで映画を見ることが多くなり、便利になった反面、ながら見が多くなりました。

映画好きとしては昔と比べて自分自身の映画へのリスペクトが減じてはいないかと、大量消費社会にどっぷり浸る自分にちょっぴり自己嫌悪&反省な日々です。

 

しかぁーし、この映画は久々にながら見せず、集中してみられた映画でした!

というのも、内容が、「アメリカの戦争の内実」をテーマにしたもので、毎日のようにテロ関連のニュースが流れ、トランプ大統領の危なっかしく強気で自己陶酔気味な姿勢をテレビを通して傍観(あくまで、傍観なところが、悲しいけれども、唾を飛ばしながら喋る政治家を見れば見るほど自己保身に見えて冷めた目でチャンネルを変えてしまうところが、政治家と私のパラドックスといったところでしょうか。他人にとってはどうでもよいし、大袈裟だとはわかっていますが。なんだかきな臭い最近。政治と私って最近いろんな人にとってテーマになりうるんじゃなかろうか。戦争が、火薬の香りが、テレビの画面の向こうから、新聞のインクに混じって、漂ってくるような今の時代だからこそ。)している私としては、ガン見!な作品だったわけです!

もちろん映画だから、フィクションなわけだけれど、私は何となく戦争をコントロールしてる気でいるドヤ顔のブラピ演じる主人公グレンがトランプ大統領(かつ、悲しいかな自国の首相とも)とかぶって、これは、ブラピのトランプ大統領風刺なのでは!?と何回か見紛うこととなりました。(そういう意味では日本ではこういう映画は冗談でも作れないんではないかなと、思って、表現の自由は私みたいな小さいブログの中でしかもはや守られてないんかな。。。と少し怖くなったり。。。)

 

ブラピ!ブラピ!ブラッド・ピッド!

そうです。検索かけた方はお気づきかも知れませんが、この作品は客観的な評価としても高く評価されてるブラピ率いるplan bが作成。最近では、アカデミー賞で話題になった映画ムーンライトの製作で有名な会社ですね。見たくなってきました?笑

 

そんなこんなで客観的なお墨付きもばっちりな「ウォー・マシーン:戦争は話術だ」梅雨のちょっと湿っぽい暗めの部屋でジーっと見るのにおすすめです!

 

またね!

salut!(フランス語のカジュアルなまたね!)