hisnd's blog

20代。海の近くの街育ち。

29歳の誕生日を目前にして思うこと

29歳。

 

ただの年齢。ただそれだけなのに。色んなリミットを感じる。

例えば、若さのリミット。

29、30歳となれば、もはや若いと言われることはなくなると思う。

特に女の私にとって。

結婚の二文字も大きくのしかかってくるわけだけれども、残念ながら私の周りで幸せな結婚というものをしている人がいないので、いつかthe manが現れることを淡く期待しながら、それよか、自分の人生を全うすることに全力を注ぐ方が合理的で満足できるとお一人様道まっしぐらの偏狭な思考に向かっている(これは、何かを失っているような気がするので、是非ともthe oneに一秒でも早く会いたいものである。このブログをベッドの上で歯磨きしながらパン一で書いている以上、そんなことは期待できないのだが。)

 

体力・気力のリミット。これはまだしっかり実感しているわけではないが、じわじわとは感じており、なんだか30歳になったとたんにそれらが魔法のようにパッと消えてしまう気がして気がきでない。そんなの私だけだろうか。

 

29歳は、これから人生をどういうつもりで生きていくのか、なんて大それた事を考えてしまうお年頃でもある。

ただ、自分の好きなことをして生きたい。それが楽ではないことを実感としてわかっているからこそ、悩む。そうして、悩みすぎて、時間の無駄かもしれないと、ふと我にかえる。その繰り返し。

 

人生の目的なんて、

銘打ってしまうとどうしても、身構えざるをえないけれど、

要は他人と比べることなく、その人は自分の人生に満足しているか。

ただ、それだけなんじゃないかと思うのだ。

 

だから、29歳の目標は一生懸命に生きること。ただ、それだけだ。