hisnd's blog

20代。海の近くの街育ち。

続々♥1泊2日で予算3万、香港マカオ行ってみた☆ 恋する惑星は実在した!笑

こんにちは!^^
hisndです!

今日はマカオで道を聞くうちに(旅のワクワク感を感じたく今回もあえて海外で使えるフリーwifiは持っていきませんでした→スマホの呪縛からも自由になって旅を楽しめるのでおすすめ笑)、マカオで高校生の男の子とであったお話を中心に書こうと思います^^

まず、最初、私がマカオから香港へ向かう船着き乗り場までの道のり(ちなみに、行きは、ギャラクシー行きの専用バスで中心地まで無料で行けます)がわからず、高校の制服を着た現地の人であろう彼に日本語のガイドブックを指差しながら、英語で道を聞きました。彼は道を教えてくれ、私たちは別れました。

その後、私がしばらく歩いていると
彼が後ろから追いかけてきてくれ、「日本人?」ときかれ、私は咄嗟のことで驚いたのですが、日本人であるとこたえると、彼はガイドブックにひらがなが見えたから私が日本人だと思ったこと、日本のアニメが大好きであること、実際にはまだ行ったことがないけれど、将来日本で漫画家になるために留学したいこと等、を道案内がてら歩きながら話してくれました(私はかなりマカオ内で迷走していた&お金がなくタクシーが使えなかったので、バス停まで30分ほど)。
高校生の夢を語るキラキラした姿は私には眩しすぎる一方で、とても爽やかな感じがしたことを覚えています。
途中、彼自身も街の人に道を聞きながら笑、バス停到着、gmailのアドレスを交換して別れました。彼はやはり日本にとても興味があるようで、連絡はちょいちょい続いていて、今日も日本では雪はふっているのか、と連絡がありました笑

それから、バスに乗り(その中でもガイドブックを穴が開くんじゃないかくらいにみてると)、現地の人が話しかけてくれ、船着き場までの道のり、一泊二日香港マカオ弾丸旅の凄まじさに爆笑してくれるなんていう出会いもありました。

以上のように、私にとって香港・マカオの人たちはとても優しい良い人という印象でした^^ただ、高校生の男の子から、実は日本行きはお父さんに反対されていること、歴史的な問題から反日感情を持つ人がいることも教えてもらい、やはり、旅に出て相手を知るためにはしっかり歴史をおさえたり、物事の両面を見れる視点が必要だと感じました。


私は、上述のように、旅は一人で行っちゃうことが多いし、旅の間はなるべく携帯等を使わず、現地の人に道を聞いたり、なるべく現地の人の生活に寄り添いたいなと思いながら、旅をしているように思います。
そして、旅の醍醐味は、人との出会いにあると思います。
もちろん、これは旅に限らず、日常生活全般に言えることで、人は人に出会うことで、視野が拡がったり、自分を省みたり、いわば、『変身』できちゃうところがあると思います。だから、旅は、単純に面白いのと、視野が拡く自己を客観視できる理想の自分に少し近づけるようなそんな気がして、やめられません。
旅大好き♥

次回は香港に戻って二日目のお話を書こうと思います^^


f:id:hisnd:20160123151235j:image

ぼやけすぎてて恐縮ですが笑、香港のホテルからの夜景♥

オマケ
このプロフェッショナル仕事の流儀の動画が簡単に作れちゃうアプリ面白すぎます笑
友達や家族にサプライズで是非☆